Welcome to Milwaukee MILWAUKEE ON-LINE SHOP
http://www.mil-mil.net
TEL/FAX 045(321)8731
Buzz-Top
HOME特定商取引送料・お支払い方法SHOP案内お問合わせ
Buzz Rickson's■Buzz Top
 ├Sweat
 ├Tee
 ├Shirt
 ├Jacket
 ├Jeans

>>>>>戻る

バズリクソンズ/レザークリーム& コンディショナー・F03382-;3/BUZZ RICKSONS

バズ・ホイッスル
BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)ブーツ


U.S. NAVY MARINE CORPS ENLISTED MAN'S OVERCOAT
"NAVAL CLOTHING FACTORY"
Type PEA COAT(ピーコート)36oz Wool Melton/br11554

Jacket-TopBuzz-TopBuzz&United Carr>現在のページ>戻る


BUZZ RICKSONS(バズリクソンズ)
US NAVY・ピーコート

■NO:br11554

■価格 \49,000+税 「送料無料」


バズリクソンから、当時の米海軍ピーコートのディティールはそのままに、極厚36ozウールメルトンを使用したピーコートです。

●極厚の36ozネイビー・ウールメルトン素材を採用
●13スター入り錨ボタン
●大きめの衿に衿ウラのチンストラップ仕様
●ポケット袋に保温性のあるコーディロイ地を使用
●右内側に内大ポケット、左内側に内小ポケットを設置しています

素材:36oz. Melton Wool 

WOOL C.P.O. SHIRT・ウールCPOシャツ/br24961 WOOL C.P.O. SHIRT

試着サイズ(38)身長172cm体重70kg 結ったりとしたサイズです。



●13スター入り錨ボタンが付きます。


(バズカタログより)
俗に“ピー・コート”と呼ばれるコートの原型は、18世紀には存在していたとも言われている。名称は、オランダ語の“Pij jekker(ピーイエッケル)”を英語にした物で“Pij”が粗い毛織物、“jekker”がジャケットから由来している。ヨーロッパ諸国でもピー・コート型のコートが幾つかの軍で採用されてきたが、今回のこのピー・コートは、アメリカ海軍が下士官用コートとして採用した1910年代のものである。1910年代のピー・コートの特徴は、高密度の分厚いメルトンウール素材を用いていることと、アメリカの国章を表す13個の星が彫刻されたアンカーボタンが付くことである。この13個の星は、1777年にアメリカが合衆国として独立した時の州の数が13であったことに由来している。アメリカ海軍がピー・コートを採用した正確な時期は不明だが、第一次大戦当時の服装規定には既に下士官用コートとしてオーバーコートが掲載されていた。襟が大型なのは海上で作業する際、襟を立てて顔を覆い、強風対策を十分に確保出来るよう設計されている。また、ポケットはスリット式のものが垂直に付けられているが、これは凍えた手を暖めるためのハンド・ウォーマーポケットである。1930年代以降になると生産性やコスト面が見直され、生地の軽量化が進み、13スターボタンも廃止される。

●MATERIAL:36oz. Melton Wool ●COLOR : Navy ●LINING:Rayon Satin ●BUTTON:Mil Specs Urea(13Stars and Anchor Motief Early Type) ●LABEL:Naval Clothing Factory




●ブラックに近いネービー色です。


●右の内ポケット。


●ネックストラップ。   ●ポケット袋に保温性のあるコーディロイ地を使用。
 
●右内側に内大ポケットと左内側に内小ポケットを設置しています。 ●ライニングはレーヨンコットン地が張られています。


"Type PEA COAT"36oz Wool Melton
■品名:BUZZ・PEA COAT
■品番:br11554
■価格:\49,000+税
■Color:Navy

下記のリストから希望の商品をお選びください。
Size 36 38 40 42
Navy ×
○…在庫あり ×…在庫なし



Size:  
■参考サイズ(㎝)
Size 36 38 40 42
A)胸幅 50 52 55 58
B)着丈 74 76 78 81
C)肩幅 45 46 47 48
D)袖丈 61 62 64 66
※製品によりサイズが多少変わる事がますので参考程度にお考え下さい。
This classic coat has become universally known by the name, “Pea Coat," with the coat design and its original application dating back to the early 18th century. The name, it is said, originated from the Dutch word "pijjekker,” in which “pij” referred to the type of fabric used for the outer shell. The “pij” fabric translates in English as “pilot cloth” or, more simply, “p-cloth.;” the “pilot” of a ship or boat being the original crewman identified wearing this coat design. The Pea Coat was adopted by many European navies, especially those of the British and Dutch, and it was eventually issued by the US Navy as early as 1881, becoming standard issue to all enlisted ranks in the early 20th century, and while the exact date when the US Navy adopted the pea coat is not clear, it is known, however, that it was already supplied as a duty coat for petty officers during WWI. The US Navy’s original Pea Coat was fabricated from heavy, 32-ounce melton wool and, up until the late 1930’s, featured black bakelite buttons displaying an anchor surrounded by 13 stars; the 13 stars were derived from the original 13 states when the United States became an independent nation and broke its ties to England in 1776. The large-sized collar of the coat was designed to block strong ocean winds and the corduroy-lined side pockets helped thwart the numbing effect on hands from the biting winter seas. By the 1940’s, officer’s coats were redesisgned and the heavy melton wool was relegated only for the enlisted ranks’ Pea Coats and the 13-star buttons were changed to the fouled-anchor design still employed to this day.


Page top戻る